セラピスト活動をスタートできない自分との決別!


こんにちは!

 

1日3分
一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる
シンプルパフォーマンス・
ナビゲーターの天海佳七です。

 

昨日は、資格がありさえすれば
セラピストなのでしょうか?
というお話を
させていただきました。

セラピストでなくても、

 

「なんだか癒されました」
「元気になるヒントをありがとう」
「お話を聞けて
 考え方が広がりました」

このような言葉をかけられたことは
ありませんか?

 

もし、
セラピストの資格を
お持ちでなくても、

 

こんな言葉をかけられ、
誰かのお役に
たっていることじたい、
セラピストと言っても
いいのかもしれませんね。

 

スクリーンショット 2016-08-07 19.46.33.png

 

さて、
そんなことを考えていた折に、
ある興味深い記事に
出会いました。

 

「セラピストとは
生き方である」

というタイトルに魅了され
読み進んでいきました。

 

そこにはこのようなことが
書かれていました。

 

=========

セラピストとは・・・

 

仕事、職業、資格、
そんな意味合いもある。

 

しかし、
その
大前提となるのは
生き方です。

 

もし、セラピストとして
生きるのであれば・・・

 

相手を癒すと同時に、
自分も癒されること、

そして感謝されること、

そして幸せになる生き方
をすることです。

 

この前提がなければ
資格としても職業としても、
決して長続きをすることは
ないでしょう

 

==========

 

そのように
書かれていました。

資格さえあれば、
セラピストになれる!

なんかセラピストって
かっこいいかも!

 

とそれだけを思って
セラピストになったら、

 

多分、セラピストが
イヤになっちゃう
んじゃないかな、
って思います。

私はときおり、
自分に問いかけています。

「なぜセラピストになったの?」と・・・

 

人が動く源は
「想い」だと
思っています。

もし今、漠然と
「セラピストになりたい!」
と思っていらっしゃる方が
いましたら、

ぜひ、理由を見つけて
みてくださいね。