今、期待されている第4の労働力とは?副業OKの会社が人気企業へ


 

こんにちは!

 

 

1日3分!
一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!
シンプルパフォーマンス・
ナビゲーターの
天海佳七です。

 

 

 

労働人口の人手不足と
言われて長い日本、

 

今のままでは、
ますます
人手不足が
加速します。

 

その結果、
どのような問題が
おきているかというと、

 

現在、日本では
1700万人の
労働人口が不足しています。

 

 

全労働人口が
6400万人と
いわれていますから、

 

 

単純計算で
6400万人が、
1700万人分の労働力を
補っているとしたならば

 

 

一人の人が、約1.2人分
働いていることになります。

 

 

多少のストレスは、
生産性を高めるといいますが、

 

これが、この先、
年々増えていったら・・・

 

1.2人分・・・
1.3人分・・・
・・・・
1.5人分!!!

 

 

あっという間に
一人が1.5人分の
仕事をする世の中
なってしまいます!!!

 

 

この人手不足の影響は
大変な
問題をつくりだしています。

 

 

例えば、肉体面!
人材不足で休みがとれず、
2週間以上働きづめに
なってしまったり、

 

 

精神面に関しては、
忙しい中で働く毎日、
同じ部署内にいても、

 

同僚とも上司とも
コミュニケーションを
図る時間もなく、

 

ランチだってゆっくりとれずに、
自分のデスクで
パソコンで仕事をしながら、
コンビニ弁当を食べる日々・・・

 

 

会話もないから、
自分の問題、
悩み事を
誰にも相談ができずに
抱え込んでしまい・・・

 

 

これで病気になる方が
少なくはありません。

 

 

そして、経済面
景気回復とはいえ、
まだまだそれを
一般庶民は感じる
こともなく、

 

 

とうとう
ボーナス支給もなくなり
退職金制度の
ない会社が増えました。

 

 

こういった現状から、
いつもお金の問題を
抱えやすかったり、

 

 

お金に対する
ネガティブな思い込みが
激しくなったり
してしまう人も
いらっしゃるのです。

 

 

なんだか、
くら〜い話に
なってしまいましたが・・・

 

 

これが今の現状です。

 

 

高齢者、女性、外国人、
に求められてる労働力!

しかし、
まったく足りていません!

今求められているのは、
第4の労働力!

 

副業希望者
といわれています。

 

スクリーンショット 2016-12-26 22.04.01.png

 

 

ですが、現在、
国内で副業を認めている
会社はわずか
3・8%です。

 

 

早急に
副業希望者が
活躍できる環境を
つくることが

 

日本経済への
活性化にも繋がると
着目されています!

 

 

これからますます
副業しやすい時代へと
なりますね!

 

 

スクリーンショット 2017-02-07 12.25.14.png

 

 

さて、
このような現状の2017年、
今年も1ヶ月がすぎ、
すでに2月も中旬に
さしかかります。

 

1月末に東京都が、
起業を支援する施設を
丸の内に誕生させました!

 

『TOKYO創業ステーション』

 

スペースの利用から
起業の相談まで無料で
利用できるそうです。

 

会社員の方の副業も、
雇用されるだけでなく、

 

副業で起業をされる人が
増えています!

 

 

2017年は
副業を解禁する会社が
選ばれる時代になると
言われていますね。

 

 

もし、自分の働き方を
変えたい!

 

 

という方は、

 

 

これから春に向かい、
気持ちも軽くなっていく季節。

 

 

菜の花

 

 

ぜひ、
この季節を利用して
今から準備を
行ってくださいね。

 

 


会社を辞めずにセラピスト!
ダブルワークの始め方

120分 個別相談会

 

特典1:
“脳の勝手な思い込み”
を一瞬で幸せに
チェンジできる
マニュアルプレゼント付き!

特典2:
なんと!私の師匠である、

シンプルパフォーマンス・
セラピー創始者であり、
セラピストライフ・
クリエイターの
三ツ間幸江さんが

この個別相談会に参加し、
初の3者個別相談会の開催!

どうしたらワークライフを
変えられるのか?

三ツ間幸江さんがあなたに
提案してくださいます!

 

 

スクリーンショット 2017-01-08 20.51.16.png

【お申し込みはコチラ】
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

http://nounaitorisetsu.com/?p=468?amami